北原白秋(18)



吹雪の晩


吹雪の晩です 夜更けです どこかで よがもが 鳴いてます
あかりも チラホラ 見えてます
わたしは見てます 待ってます なんだか そわそわ 待たれます
うちでは 時計も鳴ってます

鈴です 鳴ります 聞こえます あれあれ そりです もう来ます
いえいえ 風です 吹雪です
それでも 見てます 待ってます なにかが 来るよな 気がします
遠くで よがもが 鳴いてます

北原白秋(17)



この道


この道はいつか来た道
ああ そうだよ あかしやの花が咲いてる

あの丘は いつか見た丘
ああ そうだよ ほら 白い時計台だよ

この道はいつか来た道
ああ そうだよ お母さまと馬車で行ったよ

あの雲もいつか見た雲
ああ そうだよ 山査子の枝も垂れてる 

北原白秋(16)



ペチカ

雪のふる夜は たのしいペチカ
ペチカ 燃えろよ お話しましょ
むかし むかしよ 燃えろよ ペチカ

雪の降る夜は たのしいペチカ
ペチカ 燃えろよ おもては寒い
栗や 栗やと 呼びます ペチカ
 
雪の降る夜は たのしいペチカ
ペチカ 燃えろよ じき春来ます
いまに やなぎも 萌えましょペチカ

雪の降る夜は たのしいペチカ
ペチカ 燃えろよ だれかが来ます
お客様でしょ うれしい ペチカ
 
雪の降る夜は たのしいペチカ
ペチカ 燃えろよ お話しましょ
火の粉ぱちぱち はねろよ ペチカ

北原白秋(15)



 クリスマスがきますわい

右や左や、クリスマス。
がちょうがふとってめえりやす。
どうぞや一ペンニイ、
じいめが帽子にほうりこんでくだされ。
一ペンニイがおいやなら半ペンニイでもようござる。
半ペンニイでもないならば、
ごきげんよろしゅう、だんなさま。

(まざあ・ぐうす)

北原白秋(14)



 月の中の人

月の中の人が、
ころがっておちて、
北へゆく道で、
南へいって、
凝えた豌豆汁で、
お舌をやいてこォがした。

(まざあ・ぐうす)

北原白秋(13)



 くるみ

ちいさな緑のお家がひとつ。
ちいさな緑のお家の中に、
ちいさな金茶のお家がひとつ。
ちいさな金茶のお家の中に、
ちいさな黄色いお家がひとつ。
ちいさな黄色いお家の中に、
ちいさな白いお家がひとつ。
ちいさな白いお家の中に、
ちいさな心がただひィとつ。

(まざあ・ぐうす)

北原白秋(12)



二人


夏の日の午後…………
瓦には紫の
薊ひとりかゞやき、
そことなしに雲が浮ぶ。

酒倉の壁は
二階の女部屋にてりかへし、
痛いやうに針が動く、
印度更紗のざくろの實。

暑い日だつた。
默つて縫ふ女の髪が、
その汗が、溜息が、
奇異な切なさが…………

惱ましいひるすぎ、
人形の首はころがり、
黒い蝶の斷れた翅、
その粉の光る美くしさ、怪しさ。

たつた二人、…………
何か知らぬこころに
九歳の兒が顫へて
そつと閉めた部屋の戸。

北原白秋(11)



 青いとんぼ


青いとんぼの眼を見れば
緑の、銀の、エメロウド、
青いとんぼの薄き翅
燈心草の穗に光る。

青いとんぼの飛びゆくは
魔法つかひの手練かな。
青いとんぼを捕ふれば
女役者の肌ざはり。

青いとんぼの奇麗さは
手に觸るすら恐ろしく、
青いとんぼの落つきは
眼にねたきまで憎々し。

青いとんぼをきりきりと
夏の雪駄で蹈みつぶす。

北原白秋(10)




斷章


 一

今日もかなしと思ひしか、ひとりゆふべを、
銀の小笛の音もほそく、ひとり幽かに、
すすり泣き、吹き澄ましたるわがこころ、
薄き光に。

北原白秋(9)






柔かなる月の出に
生じろき百合の根は匂ひいで、
鴉の鳴かで歩みゆく畑、
その畑に霜はふる、銀の薄き疼痛…………

過ぎし日は苦き芽を蒔きちらし、
沈默はうしろより啄みゆく、
虎列拉病める農人の厨に
黄なる灯の聲もなくちらつけるほど。

霜はふる、土龍の死にし小徑に、
かつ黒き鳥類の足あとに、故郷のにほひに、
霜はふる、しみじみと鍼をもてかいさぐりゆく
盲鍼醫の觸覺のごと、

思ひ出の月夜なり、銀の痛き鍍金に、
薄青き光線の暈かけて慄く夜なり。
放埓のわが悔に、初戀の清き傷手に、
秘密おほき少年のフアンタジヤに。

霜はふる。
ややにふる、
來るべき冬の日の幻滅…………