青汁・遠藤語録(72)

 

 さて、この感染に対する抵抗力というのは、もちろん生まれついた性質にもよる。けれども、毎日毎日の生活のあり方、ことに食べ物飲み物の適否によって大きく左右され、よくもなれば悪くもなるのである。

 普通の風邪や流感は、感染力の強いウイルスが原因であるから、たいていの人は年に一度や二度かかるものだ。しかし、それでも特にかかりやすい人というのがいる。中には季節の変わり目とか、ちょっと気候の変動があったときに、すく調子が悪くなり、ほとんど年中風邪を引きっぱなしということもある。

 

 

 そういう人は多くの場合、ごちそう食いで甘い物好き、野菜嫌いであるようだ。ビタミン・ミネラルの不足から、ウイルスに対する抵抗力がなくなっているのだろう。しかしそれでも、青汁を熱心に飲みナッパをしっかり食べていれば、体質が改善され、風邪を引きにくい体になる。もちろん、青汁を飲んでいれは絶対に風邪を引かないということではないが、引く回数は確実に滅るし、引いても症状が軽くすむはずだ。
(遠藤仁郎著「もっと緑を!」より)

青汁・遠藤語録(71)

JUGEMテーマ:日記・一般


毎日の食生活を改善することが最良なのだが、仕事や勉強に追われて時間がなければ、なかなか難しいかもしれない。そこで、こういった人たちこそ青汁である。青汁を充分飲んで、少しでも栄養の完全化を図ってほしい。そうすれば、外食が多い毎日でも体力がついてきて、日常生活も快調になるだろう。
(遠藤仁郎著「もっと緑を!」より)

青汁・遠藤語録(70)

JUGEMテーマ:日記・一般
 

とかく男というのは、外食する際、まず腹いっぱいになることを優先させる。そのため、ごはんや麺類など、腹もちのよい糖質食が多くなりがちである。油物を好む人も多い。また、一番栄養があるのは肉類だと信じ込んでいるので、食事も肉食が中心となり野菜はほんの申し訳程度か、あるいは、ほとんどとらないことになる。
 しかし、糖質食や油物、肉食中心の食事の害は、これまでにも述べたとおり“血のにごり”を招く。ビタミン ミネラルが不足するため、疲れやすくなり、イライラするようにもなる。また、たくさん食べているわりには頑張りがきかないし、抵抗力もなくなって病気がちとなり、しだいに故障が多くなっていく。
(遠藤仁郎著「もっと緑を!」より)

青汁・遠藤語録(69)



栄養失調といえば、戦中・戦後の一時期を除いて、もうすでになくなったと思っている人が多いと思う。しかし、飽食時代といわれる現在の日本でも、栄養失調予備軍はおおぜいいるのである。
 その多くはひとり暮らしの若い人々だ。特に男性の場合は、かなり危険度が高い。また独身男性のみならず、単身赴任を余儀なくされている既婚男性も、栄養失調になる可能性がおおいにある。なせかというと、自炊するのをおっくうがって、どうしても外食中心の食生活となるからである。
(遠藤仁郎著「もっと緑を!」より)

青汁・遠藤語録(68)



 野菜嫌いの子どもでも、青汁を飲み始めると好き嫌いがなくなり、肉類や菓子をたいして欲しがらなくなるようだ。顔色がよくなり、体重が増え、胸囲が発達し、いわゆる固太りのがっしりした体つきになってくる。
青汁は最初は飲みにくいかもしれないが、牛乳や果物のジュースと混ぜり、ハチミツなどの甘みで飲みやすくして、だんだん慣らしていくとよい。ある程度慣れれば、何も入れなくても飲めるようになる。そうすれはやがて、気づかないうちに、野菜も食べられるようになるだろう。
(遠藤仁郎著「もっと緑を!」より)

青汁・遠藤語録(67)



偏食というのは、本来は特定のものしか食べないということだが、実際にはその大半が“野菜嫌い”の症状を示しているようだ。
 野菜嫌いの原因としては、生まれや育ち、子どものときのしつけなど、いろいろなことが考えられる。しかしよくよく研究してみると、野菜を食べないために体の調子が悪く食欲がない、食欲がないためについ口当たりのよい肉類とか甘いものばかりを食べる、という悪循環なのが本当のところであるらしい。
 したがって、まず青汁によってビタミン・ミネラルを充分に補給し、体の調子を整えることが先決である。体の調子がよくなってくれば、食欲が出てくる。そうすれば、ナッパでも果物でもどんどん食べられるようになる。また、味を濃くして無理に食欲をわかせることが必要でなくなるため、薄味の料理を好むようになる。
(遠藤仁郎著「もっと緑を!」より)

青汁・遠藤語録(66)



美しさの要素は、均整のとれた五体―骨組み・筋肉・皮下脂肪―と、皮膚・髪・爪・目・歯のつややかさである。骨組みの発達には、ミネラルを豊富にかつバランスよくとること。また、これらの吸収利用に欠かせないビタミンも充分とることが必要だ。さらに、筋肉と皮下脂肪の発達には、そのほかにタンパク質と熱量がなければならない。このような完全栄養をとるとともに、適度な運動と鍛錬をして初めて、均整のとれたスマートな体型が約束される。

 したがって、精製した穀物や菓子は滅らし、酒・タバコをやめ、料理の味を薄くし、緑葉食 青汁を中心にバランスのとれた食生活を送るようにすれば、だれでも顔の造作などに関係ない本物の健康美か得られるのである。
(遠藤仁郎著「もっと緑を!」より)

青汁・遠藤語録(65)



このごろの若い女性は、昔から見ればはるかに美しくなった。手足が長く、服装はあでやかで、化粧も大変上手である。しかし、年ごろの娘が化粧をしなければならないということじたい、すでに不健康の証拠ではないだろうか。私は、健康美ほど美しいものはないと思う。そしてこの健康美は、完全な栄養と適度な運動と鍛錬によってのみ得られるのだ。
(遠藤仁郎著「もっと緑を!」より)

青汁・遠藤語録(64)



また青汁は、くちびるの荒れにも効果がある。カサカサになったくちびるは、なめるとますます乾いてひひ割れしてしまうが、この原因は主にビタミンB群、ことにB2の不足にあるようだ。したがって、くちびるの荒れに悩んでいる人は、食生活全体をあらためるとともに、ビタミンB2豊富な青汁をたくさん飲むことである。
(遠藤仁郎著「もっと緑を!」より)

青汁・遠藤語録(63)


そのほか美容に関する効果では、青春のシンボルといわれるニキヒが少なくなる。ニキビの原因は皮脂の過剰分泌のほか、アクネ菌、活性酸素などいろいろ難しいことがいわれているが、私は糖分や精製した穀類のとりすぎが関係していると思う。これらを減らして、ナッパを多く食べ、青汁を飲むようにすれば、ニキビは自然と消えていく。若い女性たちが“青汁党”になる一番の理由は、ここにあるようだ。また男性でも、頭髪の中やあごひげのあたりなとに吹き出物がてきることがあるが、これも緑葉食・青汁で改善される。
(遠藤仁郎著「もっと緑を!」より)