音楽のタカラモノ(362) Fauré : Requiem op.48

JUGEMテーマ:日記・一般

 

僕はキリスト教徒ではないし宗教に詳しいわけでもなくて、レクイエムの意味もちゃんとわかっているわけではないけれど、このフォーレのレクイエムは、他のレクイエムとは違うように思う。教会で演奏するようなものではなさそうだし、死者のためのものでもなさそうだ。どちらかと言えば、生きている者が救いを求めるような、心の平安を求めるような、そんな音楽に聴こえる。聴いていると、百年やそこらの命の苦しみを忘れて、永遠の時の流れの中に身を委ねて、安らかな微睡みの中にいるようだ。

 

Fauré : Requiem, Corboz / Bern Symphony Orchestra

 

音楽のタカラモノ(361) Mozart - Requiem in D minor, KV626

JUGEMテーマ:日記・一般

 

今日は死について考えた。キリスト教と日本の仏教ではだいぶ考え方が違うだろうけど、死というものに対して抱く恐怖や不安というものは、かなり共通しているところがあるんじゃないだろうか。モーツアルトの音楽を聴くと、死に対する恐れや神に対する畏敬の念を抱く精神が、その一音一音に現れているように感じるんだよなあ。その精神は、キリスト教徒でも仏教徒でもイスラム教徒でも、無神論者でも、同じように共有しているところのものなんだと思う。人間は、そういう弱い存在だと思う。人間の力を過信して、傲慢にも天高く羽ばたこうとすれば、翼を失って落ちるだけだ。人間は神にはなれないんだよなあ。せいぜい百年くらいのうちに、例外なく老いて死んで、消えて無くなるんだよなあ。若いうちはわからないけど、老い、病、死、これは恐怖だ、現実は残酷だ。今日のうちは、忘れているふりをしなくちゃ、生きていけないなあ。

 

Mozart - Requiem in D minor, KV626 | Philippe Herreweghe Orchestre des Champs-Elysees

 

音楽のタカラモノ(360) Always for you

JUGEMテーマ:日記・一般

 

こういう歌を捧げられるパートナーが見つかるといいねえ。そして、こういう気持ちが永遠に続くといいんだけどねえ。この曲に浸りながら、束の間、愛を夢を見よう。

 

Andrew Gold - Always for you

 

音楽のタカラモノ(359) One Of Them Is Me

JUGEMテーマ:日記・一般

 

思いを寄せる人にとって、自分はその他大勢のうちの一人に過ぎないって、ちょっと悲しい。まあ、それも仕方ないか。無理をすればもっと悲しい。特別な一人になっても、悲しい結末を迎える事も多々ある。思うようにはならないもんだ。大勢の中に埋没すれば、寂しさを忘れることもできる。ぬくぬくとした孤独に潜り込んでいても、何も始まらない。せっかく生まれてきたのなら、結果はどうであれ何かを経験をするのはいいことだ。若いうちは経験してみるべきだろうな。年を重ねると、何をするのにも億劫になるよね。

 

One Of Them Is Me - Andrew Gold

 

音楽のタカラモノ(358) Never Let Her Slip Away

JUGEMテーマ:日記・一般

 

一目惚れって、そういうのってあるよね。あれも不思議なもので、理由はいろいろ後で付けても、一瞬で自分にぴったり合う人だなんて、思い込んじゃう。あれ、誤解だよね。恋っていうのは、いつでもそういうものだよね。芸能ゴシップを見たりなんかしていると、それはもう確信に変わる。昔から多くの人がそう言っている。風邪みたいなものだって。中には、長く愛し合い続ける人もいるけど、それは日々の生活の中で築いていくものなんだろうね。恋は入り口の入り口だね、おそらくは。だから人類繁栄のためには、誤解でもなんでもたくさん恋をしなくちゃいけないな。でも、傷つけあう恋愛はやめておいたほうがいいね。それに最近は、恋愛感情を利用した犯罪に巻き込まれることも少なからずあるようだし。一目惚れもすぐに飛びつかないで、ゆっくり観察したほうがいいかもしれない。そうすると、せっかくのチャンスを逃すことになる。どうしたらいいんだろう?

 

Andrew Gold - Never Let Her Slip Away

 

音楽のタカラモノ(357) Kiss This One Goodbye

JUGEMテーマ:日記・一般

 

綺麗な女性は、大体が小さい頃から両親にかわいがられて何不自由なく育てられて、付き合う男の子にも困らない。自分のことを真剣に想う男の気持ちなんてわからないんだろうね。言い寄る男達を惑わせて、焦らせて、つれなくするんだ。そういう人ばかりでもないだろうけど。彼女にしたいって思う男達からすると、そういう風に見えるんだよね。我が儘で身勝手で、時々甘えて見せたり。男ってバカだよね。恋愛に関しては、女性上位だと思うなあ。特に最近は。自由恋愛の今の時代では。男女共同参画の今の時代は。男は時々、自分の欲望が満たされないと暴力に訴えたりおかしな行動に走るのがいるから困るよね。ただ、頭の中は空っぽだね。ただ、あまり理性的になっても子孫繁栄は望めない。難しいよねー。悪い女だ、ひどい女だ、って言いていても、恋焦がれる気持ちは抑えられないって、あるよねー。それは男女も女も関係ないかな?

 

Andrew Gold - Kiss This One Goodbye  

 

音楽のタカラモノ(356) Lonely Boy

JUGEMテーマ:日記・一般

 

弟や妹が生まれたりすると、両親の愛情が奪われちゃったような気がするもので、とても悲しい思いをするね。親の方は、どちらも同じように愛してるんだろうけど、子供はわからない。でもそれが、一人で生きていこうって思うきっかけになったりするから悪いことでもないしね。その方が却って良いかもしれないね。いつかこの厳しい世の中を一人で生きていかなくちゃならないんだから、いっとき寂しくても早く自立した方が良いよなあ。でもそれがわかるのは、いろんな経験をした後だ。自分も子供を育てたり、親もいなくなったりすると、いろんなことがわかってくる。それの繰り返しだ。自分の子供も、寂しい子供時代を過ごして、そして独立して家庭を持って、子供を育てたりすると、いろんなことが分かってくる。同じ経験をしないとわからないことは、たくさんあるね。子供に寂しい思いをさせない方がいいと考える人もいるけれど、その子が大人になってどう思うか。ある時期は良かったと思うかもしれないし、またある時は良くなかったなんて思うかもしれない。良い悪いは、その時々で変わるんだね。良くもないし悪くもない、良くもあるし悪くもある、ただただ、流されていくだけだな。だから最後の最後に死んじゃうまで、いろんなことを経験して、生きることの面白さを味わい尽くしたいものだ。

 

Andrew Gold - Lonely Boy

 

音楽のタカラモノ(355) How Can this be Love

JUGEMテーマ:日記・一般

 

愛し合っていた二人でも、互いに互いを傷つけあうような二人になることもあるね。そういう時は必ずある、と思うなあ。それを乗り越えれば本当の愛を得られる、というけれど、なかなかどうして、難しいよね。それは本当の愛じゃなくて、腐れ縁とか、諦めとか、そういう風に呼んだほうがいいかもね。最近の人は、必ずそういう時が来ることをいろんなところで見たり聞いたりしているから、誰かと恋愛関係になることを、あるいは結婚という枠に嵌ることを恐れる人が多いみたいだよね。それが一人の人間の生き方としていいことなのかよくないことなのか、どうなんだろうかねえ。社会にとっては、あまりよくないことなんだろうなあと思うけどね。少子高齢化や人口減少が進めば消費活動も衰えて市場も縮小、経済もマイナス成長だなんて、あまり良い未来は見えてこない。たかが恋愛と思っちゃいけない、日本の未来がかかっている。しかし、個人の幸せや自由を追求すると社会は衰退していくなんて、そんなのおかしいよね。どちらかが間違っているとしたら、それはやっぱり社会がおかしいんだろうな。個人の幸せを追求したら社会も健全に発展していくというように、そういう風にならなくちゃいけないよなあ。そうなれば、愛し合う人同士が互いを傷つけあうというようなことも少なくなるんじゃないかと思うんだよね。でも、そういう社会って誰かが創り出すものじゃなくて、ひとりひとりの心の中の、幸せに生きたいっていう願いが、少しづつ形になっていくんだろうなあ。だから恐れずに人を愛して、いつも幸せになろうという強い願いを持ち続けたいものだね。

 

Andrew Gold - How Can this be Love

 

音楽のタカラモノ(354) That's Why I Love You

JUGEMテーマ:日記・一般

 

爽やかなラブ・ソング、聞いていて微笑ましくなるよね。邦題が「そよ風のきみ」とかいうらしい。うまくつけるもんだね。邦題なんてつける必要ないと思うんだけど、つけたんだよね。今もそう?時々何でそういうタイトルになるのか分からないようのものもあるけど。直訳じゃあ味気ないし、難しいんだろうね。でもこの曲はそよ風みたいに爽やかで、西海岸の空気が伝わってくる。西海岸は行ったことないけど。こう言う、明るくて爽やかな恋愛がしたいもんだね。

 

That's Why I Love You - ANDREW GOLD

 

音楽のタカラモノ(353) Time After Time

JUGEMテーマ:日記・一般

 

シンディー・ローパーあまり好きじゃないけど、この曲はいいなあ。他の人歌っている方がいいと思う。歌う人によって、演奏する人によって、少しずつ印書が違う。まあ、いつも自分のことを想ってくれて、待っていてくれるなんて、いいよねー。一度別れちゃったりすると、またやり直すなんてことはあまりないと思うんだけど、わが国では。二人の歩む速さが違うなんてことはよくありそうだけど、やり直してもまた同じことを繰り返すだけかな。やっぱりついていけないって。好きだけど、一緒にいたらうまくやっていけないって、そういうこともあるもんだ。そうわかっていても、やっぱり好きだ。その切なさが、美しい歌になるんだよね、きっと。

 

Eva Cassidy - Time After Time

 

 

Norah Jones - Time After Time

 

 

Willie Nelson - Time After Time

 

 

Time After Time - Tuck & Patt

 

 

Cassandra Wilson Time after time

 

 

MILES DAVIS: TIME AFTER TIME

 

 

Cyndi Lauper - Time After Time