音楽のタカラモノ(248) BAUMKUCHEN

JUGEMテーマ:日記・一般

 

この曲は同名の映画に使われた曲みたいなんだ。歌詞はとても凝っているよね。ただ、雰囲気はいいんだけど、この歌詞から何を伝えたいのかはよくわからない。木馬とかおもちゃ箱とか、月とか森とか、そういう言葉がちりばめられているから、ちょっといい感じに聞こえる。それにメロディーとアレンジと声がいいまたいい感じになっているから、伝えたいことをよくわからないで聞いてもとても心地よい。映画見ればわかるのかなあ。溢れ出す鼓動を君に届けたいんだろうということは分かる。それが恋なのか友情なのかはわからないけれど、はっきりこれっていう感情ではない方がいまどきの表現なのかな。友情も男女の間も、かつてのように好きだ嫌いだ、愛してる愛してないで単純に割り切れない。そういう繊細で微妙で優しくて複雑な心の風景を描くのにはこういう詩がいいんじゃないのかな。

 

大橋トリオ - BAUMKUCHEN 

 

コメント