今日の昼食、もり蕎麦と安倍川餅



今日は午前中用事があって登呂に行ったので、序でに登呂遺跡に寄ってきた。ここに来たのは随分前のことだ。小学校の遠足か何か出来たことがあるような。その次は、もう無いか。芹沢銈介美術館には、取材できたことがあった。芹沢銈介の家だ。偉い人の対談だった。良いところだよね。登呂遺跡の復元家屋は、ずっと見ていなかったけど、綺麗にできているね。何度か火事になったりしたんだっけ?
内部はこんな感じ。かなり暗い。結構立派な造りだ。大昔はもっと粗末な造りじゃなかったかな、と勝手に想像する。



本当は、もちの家でお昼を食べたかったんだ。一月前に夕方来て、入れなかったところ。前から知っていたんだけど、食べたことはなかった、安倍川餅。用事で来た場所から最も近いので、ここで昼食を食べることに決めていたんだ。家の外観の雰囲気は良いよね。


建物の中も、囲炉裏と吹き抜けの屋根、太くて黒光りのする柱がひときわ目を引く。これはかなり立派なものだ。古民家を移築したんだろうけど、かなり大きな庄屋さんのような家だったんじゃないかな。


ああ、昼食はもり蕎麦と安倍川餅のセットだった。お青葉はお腹が空いていたので、写真を撮るのも忘れてささっと食べてしまった。あとから出てきたのが安倍川餅。安倍川餅といえば石部屋さんだ。あそこのには敵わない。でも美味しかった。立派な古民家の中で食べられるのは価値があるね。ごちそうさま。


<
コメント