今日の朝食、玄米、小松菜と卵の炒め物、厚揚げ、生炊きあみ、胡瓜の浅漬け



いただきます!
あー、今朝も雨。朝から世の中暗い。それに昨夜は、サッカー見初めてすぐ寝ちゃったし。テレビは決勝トーナメント進出って伝えていたけど、負けたの?負けたけど決勝トーナメントには出られるようだ。でも、確かに眠くなるような試合だった。寝たし。先発変えたら、あまり強くないいつもの日本になってた。あれはどうしてかね、同じようにシュートしているようでもキーパー正面とか枠を外しているとか、パスや連携が単調とか、何処となく感じるものがね。違ったね。それで寝ちゃった。朝食は、小松菜と卵を炒めた。それから厚揚げと生炊きあみと胡瓜。ご飯食べていたら陽が射して来たりして。変な天気の予感。ごちそうさま。

店でテレビを見たら、日本代表の最後のボール回しが賛否両論だって。こういうのは珍しいことではないとは思うけど、気持ちはスッキリしないね。なでしこジャパンがワールドカップの出場権をかけたオーストラリアとの試合でボール回しをやったんだよね。あれはね、確かにひっかかる。素直に喜べない。なでしこの時は1対1で、両者出場できるという場面だったけど、今回は負けていて勝ちを取りにいかないってとこが少し違う。だけど要は同じ、大人の計算だ。純粋に時間いっぱい全力で戦うというのを求める人には、受け入れられないよね。負けを認めて消極策で決勝トーナメント進出をとるか、今の戦いに勝つことにこだわって正々堂々と進出を目指すか、なかなか難しいところだなあ。僕はどちらかというと、最後まで点を取りに行く戦う姿を見たかったなあ。それがスポーツマンだし、それがサムライだよね。世界の評論家もそういう試合を期待していたんじゃないかな?第1戦第2戦が評価されたのも、結果だけじゃなくて、ランキングの上のチームに対しても勝ちを取るために最後まで死力を尽くして戦ったからじゃないのかな。スポーツは勝ち負けも大切だけど、そういうマインドもかなり大事だよね。現実社会は打算策略に満ち満ちているから、スポーツの世界には熱い純粋なものを求めたいんだな。このポーランド戦で、半分くらいの人は熱が冷めちゃったかも。子供達に目にはどう映っただろうか?ああ、経済効果が薄れちゃう。負けてさらに進出できなかったとしても、最後まで正々堂々勝ちにこだわって戦っていたら、かなりカッコよかったと思うんだけどな。ちょっと残念。
コメント