今日の夕食、カレーラーメン

JUGEMテーマ:日記・一般



いただきます!

午後は、少しの雨が降ったり止んだり。大人しくしているしかない。午後の出前に出た時は、雨は止んでいたので、雨具もなしで回って来られた。あ、ついでにお墓によってお供えの樒の落ち葉掃除をしてきた。最近見かける猫に会えた。どうも二匹らしい。どちらも白と黒のブチ。一匹は若い感じのオッドアイ。もう一匹は少し老けた感じ。兄弟か、親子かな。オッドアイの子は、この頃僕との距離が近づいてきて、僕のことを無害だと思っているらしい。今日も1メートルくらいのところで伏せている。寝転んで顔を撫でていたりする。

 

もう一匹の子は、まだ警戒しているようで、さらに1メートルくらい離れたところで、僕の顔をじっと見ている。いつでも素早く動けるような体勢をとっている。それでも最初見かけたときよりも、僕に慣れてきている様子だ。今日も、初めに姿を見せたのはこの子だ。僕の行く前を、さっと走り抜けて、離れたところから様子をうかがっていた。

 

このお寺を住処にしているのだろうか。それとも近所の家に住んでいて、墓地を遊び場にしているのだろうか。縄張りに入り込んできた人間を警戒しているのか、警告しているのか、どちらだろうか。でも僕だってもう十数年、ここに毎月一度は必ずやってきて花を供えているし、半年前からは二、三日に一度やってきて、樒の落ち葉を片付けたりしているんだから、この二匹よりは古顔のはずだ。二匹を見かけたのは、せいぜい二ヶ月前だぞ。

 

まあ、そんなことを言っても、猫に通じるはずもない。この二匹だって、毎日ずっとここで暮らしているのかもしれないし、そこに入り込んできた僕に警戒心を解いてくれようとしているみたいだしね。二、三日に一度って言ったって、毎日暮らしている側から見れば侵入者だね。もしかしたら、ずっと僕のことを物陰から観察していたのかもしれないな。どうも最近怪しい人間がうろちょろしているぞ、なんて言ってね。

 

最近、あんまり頻繁にやって来て、別に悪さはしないみたいだから、にゃあなんて鳴いて見せればエサの一つも放ってくれるかもしれないぞ、とか思っていたりして。なんにしろ、猫が出迎えてくれて、墓石の上でごろんと寝そべっていたりすると、僕も心が和むってもんだ。

 

あるいはまた、このところ急に現れたなんてことからして、お墓に眠る僕の両親が、僕の生き方があんまり心許ないものだから心配して、猫に姿を変えて見守ってくれているのかもしれない。そういうことも、あるのかもしれないね。

 

夕食は、帰りにスーパーで食料を物色していたら、惣菜コーナーに置かれたカレー鍋から良い匂いがして食べたくなったのでカレーだ。ただ、ご飯だと食べ過ぎちゃうので、麺にカレーかけよう。カレーうどん用のカレールーを買って、和風のカレーラーメンだ。うどんも良いけど、いつもの乾麺で量を少なめにしよう。じゃがいもも豚肉も、白菜だって入れちゃった。午後はあまり動かなくてお腹も空かないけど、カレーだと美味しく食べられるね。ごちそうさま。

 

オリンピックのマラソン、札幌開催問題。これも、どうなんだろうねー。何が起こっているのかどうしてそうなったのか知らないけど、いろいろ想像を巡らせちゃうよね。あの森さんも、怪しい感じだよね。インタビュー受けるときの顔は、なんだかとても嬉しそうだったね。あれはあれかね、小池さんが都知事になって豊洲がどうだこうだしてだいぶやられたので、その仕返しかね。政治の世界は恐ろしいからなあ。そういう世界だから、仕方ないだろうけどね。どっちもどっちだな。でも、選手や国民が迷惑するよね。主権争い、利権争いに国民を巻き込まないで欲しいものだよね。もっとも、あの人たちの世界には国民なんてものは存在しないだろうけど。国民という文字は知っていても、それが一人一人の人間だってことは、知らないんだろうねえ。

コメント