彼岸花


photo by yoshihiro ohmura

彼岸花 

今日は空気も澄んで、
空には、吹き流された雲、
幾筋か広がり、
陽光は幾分その力を失い、
風が私に何かを伝えようとする。

足下には彼岸花のひと群、
業深き人間の血が、
暗き地中に凝縮されて、
昇華され、
根に染み通り、
維管束を登り、
花に至って赤く結晶している。

哀しみを含んだ風が、
花を揺らす。

コレガオマエカ
コレガオマエカ

コノヨニイキテ
モガクバカリノ
コレガオマエカ

風が花を揺らす。

ゆらゆら、ゆらゆらと
花は揺れるばかり。
 
兎も角も、
私は歩き出さねばならない。
コメント

うちの近所でもボチボチ見かけます。
こうなるともう秋ですね〜。

コリン様

コメントありがとうございました。
お彼岸を過ぎてから、すっかりすずしくなりました。
彼岸花は独特の磁力がありますねぇ。

  • あおじ
  • 2006/09/26 12:19
トラックバック
この記事のトラックバックURL