北原白秋(10)




斷章


 一

今日もかなしと思ひしか、ひとりゆふべを、
銀の小笛の音もほそく、ひとり幽かに、
すすり泣き、吹き澄ましたるわがこころ、
薄き光に。
コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL