日々の戒め(321)



叡智は―人間にとって広大無辺な目標であり、われわれは自由な時間のすべてをあげてその獲得のために捧げなければならない。われわれがどれほど多くの問題の処理に成功しようとも、やっぱりわれわれはいつになっても検討と決断を要する問題を山ほど抱えて苦労しなければならない運命にある。それらの問題は実に広範多岐であるため、われわれの知力を十分発揮させるためには、意識の中からいっさいの無益なものを排除しなければならない。
(セネカ)
コメント