今日のお昼、親子メシ、青汁(日常食の記録)

JUGEMテーマ:日記・一般

青汁屋なのに、青汁の事書かないのは変だ、と突然ひらめいたので、今日は昼ご飯(青汁付き)も記録することにしました。
私の昼の定番、親子メシです。このご飯を何と呼ぶのかはっきりとは知りません。

静岡では親子丼と呼ばれています。全国的に通用する、とろとろ卵の親子丼とは少し違います。またこれは、パックに入っているから、「丼」ではありません。でも静岡には、有名な老舗の親子丼専門店がありまして、そこでは、どんぶりでだして親子丼です。ご飯は味付きご飯で、その上に炒り卵と鶏肉や椎茸、竹の子などを煮たもをのせてあります。中村屋さんです。また、料亭の鳥甚さんはお重に入って出てきたような気がします。親子重、みたいな。どちらも素晴らしく美味しい。これは、熱いうちにいただくのもいいですが、折りに入って少し冷めたものをいただいても、それがまた美味しい。とろとろ親子だと、冷めると不味そうです。静岡の親子丼が、すべてこれだという訳ではありません。両方ありますが、どちらかというととろとろ親子の方が多いかな?
このパックに入った親子丼(メシ)は、そんな中、貴重な存在です。これは、おでんの老舗、水野商店のおばさんが作ってくれています。平日(水曜日は除く)の私のお昼は、これです。毎日食べても飽きません。350円です。お昼のみ、少ししか作らないので、気になる方はお早めにどうぞ。
 それと、青汁。これで200ccくらいです。今の青汁は、夏の苦みがとれてとても美味しくなっています。少し甘みもあります。でも、ゆっくり味わうものではないので、親子丼(メシ)を食べ終えると、一気に飲み干します。
 200ccの青汁を作るのに200g以上ケールを使います(100gで90cc位を目安にしています)から、一気に200g以上の野菜をとったことに匹敵します。とても合理的です。また、ケールはビタミン・ミネラルなどの栄養を多くバランスよく含んでいますから、野菜サラダや調理した野菜を食べるより、ケールの青汁なら早く多くの野菜の栄養をとることができます。飲むときは、コーヒーや紅茶などの嗜好品ではないので、早く飲んでしまった方が時間を有効に使えます。生野菜をしぼった新鮮な青汁をなら、不足する栄養を短時間で補うことが可能になります。粉末や冷凍などの青汁ではあまり期待できません。それなら、サラダなどで野菜をたくさん食べるか、自分で野菜を絞って作る方が賢いと思われます。

 

今日の朝食、玄米、みそ汁、納豆、キムチ(日常食の記録)

JUGEMテーマ:日記・一般

今日朝ご飯を作ろうと思ったら、卵がないことに気がついた!チャーハンが作れない!
そこで急遽みそ汁を作ることにしました。具は冷蔵庫にあるコマツナだけでOK!
昨日は店を閉めてから河口湖の農家さんのところに青汁の材料のケールをとりにいっていたので、食材を買う時間がなかったんです。最近は、閉店時間を30分早めて6時30分にしたので少し楽になりましたが、それでも帰りは11時すぎ。バタバタしてるので、食材を買う時間はなかったんです。
週2回、水曜日と土曜日は出かけています。往復4時間の長旅なので、座骨神経痛になります。
最近は車中で懐かしのロック(YouTube)を聴いているので、あっという間に4時間が過ぎます。
ちなみに昨日は、エマーソン、レイク&パーマーの「エマーソン、レイク&パーマー」「トリロジー」、デュアンオールマン&クラプトンの「studio jams」。どれもすごい勢いで、聞き終わって疲れた。でも、あっという間の4時間で、眠気も催さず、適度な緊張感の中の運転でした。

前置きが長くなりましたけど、みそ汁です。


コマツナを適当に切って鍋に放り込みにます。だしは粉末にしました。
コマツナいれて少ししたらも火を止めます味噌をとき入れます。
誰でもすぐ作れます。
一人で簡単に作るときは、具はやはり野菜類が簡単ですね。
大根、キャベツ、コマツナ、ジャガイモ、タマネギなどなど。そのとき冷蔵庫にあるもので。
やはり日本人は、みそ汁ですね。
ところで、多くの人がこだわるのが、お味噌。
小さい頃にいただいたものが、舌に馴染むみたいですが、私の場合もそうです。
小さい頃は何とも思わなかったものが、大人になってプロアマいろいろな人が作ったみそ汁を飲んでいると、美味しいけど何かが違う、って思っちゃってたんです。そんなことありませんか?それでいろいろなお味噌を試してみて、これだっ!と分かったのが、このお味噌です。


このお味噌は、静岡に昔からある白味噌で、あいじろみそといわれています。京都などの白味噌とは製法なども少し違うようです。味は甘めの米味噌です。このお味噌を母親は使っていたようです。そうとは知らずこの味噌を使ってみそ汁を作ったら、これだ!と。誰も多かれ少なかれ、そうした経験があるんじゃないでしょうか。おふくろの味とか、おばあちゃんの味とか、うちの味とか、調味料や素材と濃い薄いだったりするんですね。でも、最近は、インスタントものだったり外食だったりで、うちの味ってなんだか分からなくなっちゃってるんじゃないでしょうか。また、逆に料理が上手でレシピをアップロードしたりしていると、それはそれで、うちの味というよりは、料理上手なお母さんの味だったりするんで。まだ、家制度がしっかりしていた頃や、今でも田舎の地域などでは、毎日毎日同じようにみそ汁作ったりおかず作ったりして、それが家の味になったりするんだろうけど、そこへ突然私たちが行って食べてみても、おいしい食べ物の一つであっても、自分の中に染み込んでる味とは違うんだろうね。なんだか訳が分からなくなったけど、つまり、私はこの味噌を使って作られたみそ汁の味が染み込んでいるんです。で、つまり、美味しいんですよね。具はなんでもとにかく自分で作って、できたてを食べると美味しい!


今日はおまけに納豆です。食べ終わるとこのまま捨てられるので、便利です。添付のたれを全部使うとしょっぱいものが多いですね。これは四万十川の川のりだれのやつ。結構さっぱりしている。


今日は豪華な朝食になりました。朝ご飯を食べると、体も動くし、頭も働きます。朝調子が悪い方は、ぜひお試しください。
そうそう、キムチも付けました。ちょっとにおうので、その手の方はご注意ください。長くなるからやめますけど、キムチもなかなか自分に合うものが見つけられません。それでは。

手抜きパスタで夕食(日常食の記録)

JUGEMテーマ:日記・一般

玄米チャーハンが好評だったので、調子に乗って私の定番夕食メニューを紹介します。

パスタです!

というとシャレてますが、その昔喫茶店でよく食べたスパゲッティーナポリタンのアレンジ版です。
簡単で美味しく、安くてヘルシーなので、よく食べます。(手早く美味しく安全に!)

早速、ご紹介しましょう!(と、いうほどではありませんが)


鍋でお湯を沸かします。塩、適当に入れます。粗塩にしてます。
塩は入れると入れないとでは、味が大違い。
パスタは写っていませんが、ディチェコやバリラあたりがやっぱり美味しいですね。
時々安売りしてるので、安いとき買って常備しています。
オーマイやママーは、安いからと思って買うと必ず後悔する。どこが違うんだろう。
最近は、トルコやギリシャのものがめちゃくちゃ安く売っていますが、これも必ず後悔する。どこが違うんだろう。
太さは、細めが好きなので、1.4ミリばかり。それがないとカッペリーニなどでも。
早くゆであがるのもうれしい。3分から4分でゆであがります。
1.6ミリ以上は、どうもうどんみたいで好きでない。好みの問題でしょう。

ニンニク(乾燥)と鷹の爪(輪切り)をオリーブオイルで温めます。
一応、これやっとかないと、美味しくできません。乾燥ものが経済的で十分。
弱火でやらないとすぐ焦げます。
フライパンじゃなく、なんとアルミの行平鍋でやってます。
なんという邪道でしょうか。でもこれが何にも使えて便利なんです。さらにIH対応。
フライパンって、でかくて洗いにくいんです。


この日は、なすが一袋(5本)90円(安い!)だったので即買い。常備しているタマネギ半分使いました。
ミニトマトも冷蔵庫にあったので、使いました(写ってないけど)。量が多いようですが、これくらいの方がボリュームがあってよろしい。


野菜類を行平鍋に投入!水を少し加えて、しんなりするまでいためます(蒸します?ゆでます?)。
塩胡椒して、トマトケチャップを大さじ1杯強いれます。
ケチャッップは、糖分が気になりますが、あまり変な添加物もなさそうで一応安心。
最近はたまたまカゴメかな。この間、まだ残ってるのに新しいの買ってしまい、ハインツのも未使用品があります。
どこでも一緒かな?時々粗ごしの紙パック入りも使います。


そんなこと言ってる間にパスタがゆであがり、行平鍋に投入!
ささっと絡めたら、すぐにお皿に盛りつけます。
盛りつけるってほどじゃないけどね。
ここで時間をかけると不味そうなので、ささっとやります。
火はつけなくてもいいみたい。
それから、一気に全体を皿に流し込むと、ぐちゃぐちゃしてこれも不味そうなので、なるべく麺のみを先に取り出して皿にのせます。で、麺の上に具をのせれば、少しはそれらしく見えます。最後に、今日はバジルをふっときました(S&Bのやつ)。


ハイッ、出来上がり!あまり見た目きれいに見えないかもしれませんが、いいんです。熱々のできたてなら、美味しいんです。
なすもタマネギも柔らかくなると、美味しいですね。
これが、飽きないんです!毎日でも大丈夫。野菜はズッキーニとかしめじとか気分で。ツナ缶入れてもいいし。鶏肉や白身魚でもいいかな?でも野菜だけの方が早くきれいに安くできてよろしい。ケチャップなしのバージョンもあるので、次の機会に紹介します。ケチャップなくなるだけだけどね。
このケチャップ野菜パスタコースだと、作り始めて洗い物終了まで30分くらいはかかるかな。

今日も、手早く美味しく安全にできました!ごちそうさま!

朝からチャーハーン!(日常食の記録)

JUGEMテーマ:日記・一般

最近、朝ご飯でチャーハンにハマっています。
朝、青汁づくりで体力使っているせいか、朝ご飯を食べないとやはり一日元気が出ません。
かといって、ゆっくり作って食べる時間もないので、食べたり食べなかったり。
たまにしっかり食べてしまうと、今度は動く気がなくなってしまいます。
そこでいろいろ考えた結果、玄米です。
さらに玄米を、短時間でおいしく食べるには…。
そう、チャーハンです。
チャーハンって、脂っこいイメージがありますが、油を少なめにすればさっぱりです。
それに、何でも混ぜていためてしまえば美味しいし、合理的。
あまりのおいしさに、このところ毎日食べています。
短時間食事には、もってこいの調理方法じゃないの?


玄米は、日曜日に纏めて炊いて、冷凍しておきます。
茶碗半分くらいで、一食分にしています。少なめがいいです。
玄米は、無農薬や減農薬のものがいいですね。
一般に高いものの方がおいしい!と思う。
スーパーなどで安いものを買うと、まずくて硬くて食べられない。
いいものは、柔らかくて甘みがあってとてもおいしい!
ホントいうと、チャーハンにしなくてもそのままで、めちゃくちゃ美味しい。
普通の炊飯器でちゃんと炊けます。
うちの炊飯器は、パナさんの安いやつ。これで十分美味しく炊けます。
長く続けるには、簡単にできるってのが大切。
ただ、おいしい玄米は少しいいお値段なので、そこが問題といえば問題です。


一人分だから、小さなフライパンでいいです。これは18センチ位かな。
煙が出るくらいに熱します。煙が出たら油をひいて、まわして、こぼします。
油たくさん使いたくないので。使い込んだフライパンです。
昔は、テフロン加工が施されていたようです。これが日々使い続けた結果です。
体の中に入っても、胃腸をスルーして、体外に排出されたのではないかと…。
運は天に任すほかありません。


フライパンを温め(熱し)ながら、少し深いお皿に、玉子一個を割入れてまぜ、そこにチンした玄米を投入します。
スプーンで、しゃかしゃか混ぜ合わせます。このままお醤油かけて食べても美味しそう。お皿で混ぜるのは、洗い物を少なくする知恵です。それに、玉子とご飯を混ぜると簡単にポロポロチャーハンができると、何かで聞きました。
混ぜなくても、ポロポロチャーハンはできますが、時間と洗い物を節約するために、混ぜてしまいます。


フライパンに投入!。
緑のものが色合い的にも栄養的にも欲しかったので、今日は冷蔵庫にあったコマツナを切って投入!
刻みネギが結構美味しい。使うのは緑の葉物が多いです。なければなしでも。
強火を保ち、スプーンでちょろちょろ混ぜると、すぐにぽろぽろしてきます。
玄米だから、とくにポロポロしやすいんですね、きっと。
塩こしょうを、ふりふり。
良さそうな加減になったら、火を止めて、さっき玄米と玉子を混ぜたお皿を洗って拭きます。


チャーハンをお皿に盛って、完成!
さらに今日は、冷蔵庫に常備しているキムチをのせました!
キムチは後でちょっとにおいそうなので、その手の方は気をつけて下さい。


ごちそうさま!食べた後のお皿もきれいです!
フライパンとお皿とスプーンを洗って、終了!
スタートから終了まで、15分から20分くらい?
美味しくて大満足!
もう少し時間的精神的に余裕のある方は、いろいろ具材を入れてもいいでしょう。
ただ、肉ソーセージその他で添加物の多いものはやめておいた方が…。
何と言っても緑葉野菜が安心。手早く美味しく安全に!なので、余分なものは入れない方がいいし、十分美味しい!
みそ汁、漬け物でもあれば、素晴らしい朝食です。
(おいしい玄米なら、玄米とみそ汁だけで十分だよね。)
また、さらに簡単で、美味しい食べ方がございましたら、お知らせください。
 

大道芸、抹茶、青汁。どういう関係?

JUGEMテーマ:日記・一般



11月3日、大道芸ワールドカップ、ちょこっと見てきました!
呉服町通りあたり。人、人、人、人、人。
秋の空、淡い雲が少し黄金に輝いてとてもきれいだった。



この落ち葉が、季節を感じさせます。
大道芸が終わると、もう今年も終わりに近づいたなぁって。
大道芸は街中で見る方が、大道芸らしくていいなぁ。
大道芸というか、大道芸を見ている人たちを含めた街の風景としての大道芸。

駿府公園の会場へは、11月1日土曜日に行ってきました。
でも、無情にも雨が…。


(これは昨年の紅葉山庭園)

そこで、大道芸とは無関係な紅葉山庭園で抹茶をいただいてきました。
入園料150円、和菓子付き抹茶セット510円。
このお抹茶が甘くておいしい。きっといいお抹茶だよね。
抹茶って、ちょっと青汁に似てる、ちょっとだけね。


(これも昨年のお茶室(立礼席)、ここで煎茶や抹茶がいただける)

雨で大道芸は見れなかったけど、美味しいお抹茶と和菓子をいただいて大満足。
この場所にいると、時間が止まったような感覚に陥る。
障子の間から差し込む細い陽光が暖かい。
ただじっと座って、庭を眺めていたい。
世間のどたばた騒ぎはやはり疲れる。現実逃避かな。
時々こっそり来て、密やかに楽しみに浸ろう、と思う。

 

今日の静岡市役所


今日も暑い!かと思うと、少し涼しい!雨は大丈夫そうだね。けどやっぱり暑い。暑さの中に、秋の気配もある。雲は入道雲の親玉みたいなのが踏ん反り返っていた。けど、鰯雲みたいなのもあり…。そのうち夏と冬とが一緒にくるかもしれない。それはちょと想像できないけど。

青葉横丁



青葉横丁(静岡市葵区) 青葉通りを南に進み、青葉交番のある広い通りの一本手前の路地を左に曲がると、右手に「青葉横丁」の赤い看板がある。戦後間もないころ青葉通りに並んだ屋台が、街の整備にあわせてこの場所に移ったと聞く。



夕方でもまだ早かったからか、開けてる店は少ない。まだ明るいこの時間は横丁の奥は薄暗く、表通りとは別の世界だ。この暗さの中に、何か妖しいもの、得体の知れないもの、それでいて人を惹きつける魔力のようなものがある。



横町の奥に入ると、ここだけが昭和に戻ったような錯覚に陥る。店からこぼれる暖かな光り、酔った客の笑い声、のれんから中を覗く客、ネクタイを緩め千鳥足で歩くサラリーマン。今、目の前にある光景だ。この薄暗い横町には、戦後の荒廃から現在に至るまで何十万何百万という人々の姿を見続けてきたこの街の記憶が堆積している。もしここがなくなったり、きれいに整備されたりしたとしたら、静岡の街は、虚ろなマネキン人形のようになってしまう。

青汁・遠藤語録(72)

 

 さて、この感染に対する抵抗力というのは、もちろん生まれついた性質にもよる。けれども、毎日毎日の生活のあり方、ことに食べ物飲み物の適否によって大きく左右され、よくもなれば悪くもなるのである。

 普通の風邪や流感は、感染力の強いウイルスが原因であるから、たいていの人は年に一度や二度かかるものだ。しかし、それでも特にかかりやすい人というのがいる。中には季節の変わり目とか、ちょっと気候の変動があったときに、すく調子が悪くなり、ほとんど年中風邪を引きっぱなしということもある。

 

 

 そういう人は多くの場合、ごちそう食いで甘い物好き、野菜嫌いであるようだ。ビタミン・ミネラルの不足から、ウイルスに対する抵抗力がなくなっているのだろう。しかしそれでも、青汁を熱心に飲みナッパをしっかり食べていれば、体質が改善され、風邪を引きにくい体になる。もちろん、青汁を飲んでいれは絶対に風邪を引かないということではないが、引く回数は確実に滅るし、引いても症状が軽くすむはずだ。
(遠藤仁郎著「もっと緑を!」より)

静岡市役所本館あたり




静岡市役所本館 中村與資平が設計したとても美しい建築物。こんなに優美な建物、ほかにない。ドームのタイルに陽の光りが輝く様は、この世のものと思えない美しさだ。
 


市役所本館の裏側は、なかなか記憶に残らない場所。細い縦長の窓枠がきれいに並んでいるのが優美さと繊細な印象を与えているように思う。画面左のおくの高い建物は県庁別館。殺風景だ。
画面左手奥に県庁本館。さらにその向こう側に、駿府公園がある。



裏側の庭からはドームがよく見える。街中にありながら、人もあまりいない静かな場所だ。物思いにふけるのに絶好、お気に入りの場所。珈琲か紅茶(ケーキつき)が出てくると言うことなし。
ところで、静岡市には雰囲気のいい喫茶店がないと思いますが、どう思います?だれか造ってくれないかなぁ。喫茶店って、文化的な香りがする。ということは、街に文化的な香りが少ないってことだ。残念。いつか自分で始めようか…。

青葉シンボルロードあたり


 
静岡市役所(静岡市葵区) 青葉シンボルロードから見る静岡市役所。写真を撮っている私の背中側にずっと青葉シンボルロードが伸びて、常盤公園まで続いている。



この日は、グルメ関係のイベントをやっていた。静岡県は、しぞーかおでんや浜松餃子に富士宮やきそばと、B級グルメがにぎやかだ。そのうち、青汁でも有名になるに違いない(青汁はB級グルメじゃないぞ!)。



青葉シンボルロードは、かつてはもっと狭い通りだったようだけど、静岡大火のあと道幅を広げて、今ではイベントなどが行える歩道になっている。道に沿って街路樹も植えられて、夏には緑の木陰が涼しく、秋には紅葉が美しい。冬にはイルミネーションもきれいだ。静岡はとてもきれいな街だと思う。
画面奥のつきあたりにある常盤公園も、噴水がきれいだ。
静岡を訪れたら、ぜひ、青汁スタンドにも寄ってみよう!

大道芸ワールドカップはすごい人出だったみたいだ。仕事で見にいけなかった。残念!